くぼじゅんすてーしょん

~のんびり営業マンの日常~

【自己紹介】くぼじゅんってどんな陰キャラなの?

 

 

f:id:kubojunstation:20190215202332j:plain


どうも、くぼじゅんです。

仕事が嫌になり、逃げ場所としてこのブログを始めました。

ネガティブ思考の24歳、将来に不安を感じながら時々ブログ更新中です。

 

今日はこのブログの執筆者、「くぼじゅん」について自己紹介をしていきたいと思います。

Twitterを始めてからブログアクセスが徐々に増え、より多くの方に読まれるようになってきました。

皆さんはブログで面白い記事、勉強になる記事を読んでいる時に、

「これってどんな人が書いているんだろう」

と思ったことはありませんか?

 

僕は結構気になっていて、記事を読むときは

(有名なブロガーさんかな?大学生かな?それとも僕と同じ陰キャラかな?)

…といろいろ想像しています。

 

記事の内容はもちろん、執筆者に興味がある方も多くいると思います。

 

そこで!

「くぼじゅんすてーしょん」を初めて読む方、既に読んだことはあるけれど、

どんな陰キャラが書いているか気になる方に向けて、僕の自己紹介をしていきたいと

思います。

 

【自己紹介】くぼじゅんってどんな陰キャラなの?

 

●プロフィール

 

・1994年生まれ。

・埼玉生まれ埼玉育ち。

・高校から合気道を始める。

・大学で文学を学ぶ。

・営業職として商社に就職。

・就職2年目、そろそろ辞めたい ←今ここ

 

ざっとまとめるとこんな感じです。

1994年はセガサターンの発売年みたいですね!

野球で言うと大谷世代です。

 

就職しても実家の埼玉に住み続け、2018年6月にようやく都内で一人暮らしを始めました。

 

何となく始めてしまった合気道は、今でも続けていていい運動になっています。

 

読書は好きだったので、大学は文学を専攻していました。

卒論の題材は「万葉集」です。

 

それなりの規模の商社の営業職として働いています。

他の業界と比べて休みは多くワークライフバランスがとれていますが、

仕事自体は好きじゃないので辞めたいです。

そんな仕事へのネガティブな気持ちを、ブログで明るくポジティブに書いていくことで

ストレスを発散しています。笑

 

●好きなもの

・ブログ

・カフェ

・読書

・漫画、アニメ

・カメラ

・カラオケ

・写真、カメラ

 

 基本的にインドア派で、運動はあまり得意ではありません。

外出先は主にカフェかカラオケです。

いつでも自分の世界に入り込めるように、PC、本、筆記用具はお出かけ時の三種の神器です。

 

就職してからカメラに興味を持ち始め、初ボーナスでミラーレス一眼を買いました!

旅行や日々の散策でスナップ写真を撮っています。

 

●嫌いなもの

・仕事

・会社

・会社の飲み会

 

営業職をやっていますが、辛いことも多いので希望が通るなら異動したいと思っています。

異動出来なければ転職ですね。。。

特に会社の飲み会は大っ嫌いです。

適度に飲むならいいですが、いい年して酔い潰れたり暴れまわったりするのは

いかがなものかと思っています。

 

●特技

・合気道

・ピアノ

 

合気道は高校時代から続けていて、現在三段です!

ブログでも時々ネタにしていますが、意外とアクセスが伸びています。

そして実はピアノも得意です。

学生時代は合唱コンクールでピアノ伴奏をしていました。

 

 

 ●陰キャラエピソード

 

陰キャラと自称していますが、実際どれくらい陰キャラなのか?と思う方もいるかもしれません。24年間の人生の中で起きた陰キャラエピソードをピックアップしました。

 

・友達の誘いよりゲームやアニメを優先

・合唱コンクールの打ち上げで友達とDS

・高校時代のあだ名が「陰キャラ」

・部活の顧問に名前を忘れられる

・仕事でお客さんに何度も名刺交換される

・6年連続バレンタインチョコを貰えない

・アパレル店員に声を掛けられない

・etc…

 

小学校時代は友達と遊ぶのが好きではなくて、誘いを断り一人でゲームをしていました。マンションに住んでいたので、同じマンションの友達が誘ってくるのですが、お母さんにお願いして居留守を使っていました。

 

中学時代もゲーム大好きで、学校から帰ってきたら即ゲーム。

お年玉もゲームに全振りしていましたね…。

今考えるとすごくもったいない!!

 

●まとめ

いかがでしたか?

簡潔に言うと執筆者はただの陰キャラです。

偉そうなこととかもたまーに書きますが、所詮は陰キャラの戯言と思ってください。

それでも読んでくださる方を、僕は大切にしていきたいと思います。

 

これからもどうぞよろしくお願いします

 

それでは、今日はここまで。

またお会いしましょう。